ミドリーの備忘録

忘れてしまうのはもったいないなってことを書いておきます☆

【スターウォーズ・最後のジェダイ】レイア姫が出てくるだけで目頭が熱くなって困ったの巻~In loving memory of our princess【ネタバレ感想その2】

f:id:caocao323:20171231204156j:plain

レイア姫と言えば、キャリー・フィッシャー

キャリー・フィッシャーと言えばレイア姫

映画史に残るどころではない、レジェンドと呼ばれる映画のヒロインを演じたことは、

彼女の人生にどんな光を与え、陰を落としたかは想像に難くないですが。。。

 

彼女と私生活で友達でも親戚でもないミドリーは無責任にこう言えるわけです。

「彼女の遺作が『最後のジェダイ』でよかった!」と。

 

『フォースの覚醒』に出演する際には、

35ポンド(約16キロ)のダイエットを命じられたけれど、

スクリーンで観たレイアは、レジスタンスの司令官にしてはちょっと太・・・

と、全世界で多くの中年男女が自分のことを棚にあげて言っていたと思うのです。

 

それが今回はさらに減量した感があり、

そしてなんといってもヘアメイク&コスチュームがよかった!!

それが上の写真。お腹周りが気になる女性をやさしく包み、

立体的なカットで全身の立ち姿がなんとも美しい。

下の写真も素敵じゃないですかー。

 

f:id:caocao323:20171231212837j:plain

 

レイの旅立ちに際して、

May the force be with youってつぶやくレイアです。

 

見た目だけが重要なファクターでないのはわかります。

けれど、レイアをレイアたらしめるスタイルは必ずあったはずで、『最後のジェダイ』のレイアは、見た目も所作も決断力も、レジスタンスが誇る我らが司令官にふさわしいものであったと思います。

 

私生活ではアルコール&ドラッグ摂取で壊れちゃってた感がありますが、女優を生きる人種である以上、遺作がレイア姫の集大成として納得のいくものであれば、女優冥利につきたのではと思われます。

編集された作品をキャリー・フィッシャー本人が観ることができなかったのはなんとも残念だけど。

 

以下ネタバレ・・・

 

ミドリーはずっとずっと思っていました。

アナキンのフォースのDNAをより多く引き継いでいるのは、ルークではなくレイアだって。

 

仮に50:50でルークとレイアが引き継いでいたといたしましょう。その場合でも、その力をより大きく発展させることができたのはレイアだと思うのです。

 これは、レンとレイを観ていたもすごく思ったことです。

*話が長くなるので、それはレイのパートでくわしく。

 

話戻ります、レイアです。

 

今回、レイアが最強のフォースを有する人物であると

全世界が認めざるを得ない事態が発生しました。

 

なんと、レイアが乗っていた司令船が、帝国軍の攻撃で木っ端みじんに!!

あろうことかレイアの体は宇宙空間にさらされたのです。

宇宙服も着用せぬまま。

ミドリーは、嗚咽をこらえました。

 

「ああ、キャリー・フィッシャーの死とともにレイアも死んだのね」と。

なんという運命のいたずら、できすぎた話と。

宇宙空間を漂うレイア。。。さようならレイア。。。ありがとう。

あの世でハンソロとお幸せに。。。。

数秒の間にミドリーの頭を駆け巡った数々のロマンチックなフレーズ。

 

と、思ったら。

 

カッ!

レイアの目が開いた!

そして、フォースの力で宇宙船本体まで漂って部下にピックアップしてもらえた!

 

そこで、本来なら

「うそーーーー!爆」と大笑いできたかもしれないのですが。

 

レイア姫の見開いた瞳が・・・

その瞳が、EP4の時のレイア姫そのままで。

びっくりして・・号泣・・・。

 

これはいつかDVDを入手したら見直そうと思うのですが、

本当にびっくりしちゃいました。

 

あの瞳をみた瞬間、スターウォーズシリーズすべてのレイア姫

一瞬のうちに走馬灯のように蘇り、

嗚咽!!!

 

人の一生が走馬灯のようにって、レイアの代わりにミドリー死んじゃうんじゃない?

って思わんでもない。自分が空恐ろしい(笑)

 

これ、どなたか共感していただける方いないかなぁ。

 

↓ この目です。(音注意)

 

 

youtu.be

 

【スターウォーズ・最後のジェダイ】ルーク・スカイウォーカー。その崇高なる孤島生活に寄せて。【ネタバレ感想その1】

f:id:caocao323:20171230135051j:plain

12月15日公開の翌日、16日の朝もはよから行ってまいりました!!

やっと書ける、この思い。

 

記憶がぽろぽろ抜け落ちているので、イコール、本当に印象に残ったものだけを書けるかな?

 

とにもかくにも、前作「フォースの覚醒」は「チューイの覚醒」にしろ!

とまじ卍(使用法に自信なしw)で思っていただけに、

「ローグワン」の良さが際立ち、そして、今回の「最後のジェダイ」に至っては

「総論的にはほんとよかった!!」

とほっと胸をなでおろしました。

 

▼怒りにまかせてダークサイドに堕ちたミドリーによる「フォースの覚醒の感想」はこちら

【STAR WARS EP7】エピソード8『最後のジェダイ』公開前に復習。エピソード7『フォースの覚醒』は『チューイの覚醒』にタイトル変えよう (ネタばれ) - ミドリーの備忘録

 

でもでも、突っ込みどころはたくさんありましたよ、ね!!

それもまた笑って許せるのは、ひどくひどい振られ方をした後に出会った人とは

どんな些細なことでも幸せって思えるって感じ????

観る方も大人になったってことね!

 

以下ネタバレです。

 

まず、ルークです。

ルークが登場するあの島ですが、フォースの覚醒のときは画面がとても安っぽかったです。それが今回は、スターウォーズのトーン&マナー(トンマナ)が戻ってきたようで、いい具合の暗さで表現されていました。

 

でもでも、ルークの偏屈ぶりは期待以上で、

むしろ、ギャグ???

 

レイを無下に扱うわりには、

「みておけよ、俺様のサバイバル生活ぶりを!ちらっ

って見せつけるルーク。

でもその見せつけ方が・・・・

 

f:id:caocao323:20171230141229j:plain

 

よいこの浜口にしか見えない。

噴き出したそうになりましたん。

 

さらに、謎の動物の巨乳をムギュ!して

おっぱいピューーーーー!!

 

吉本の芸人さんにこんな芸があったような・・・・。

 

家事をしてくれる異星人が数人いたので

浜口がサバイバルした無人島とは違うけど、

 

こういう状況になると、人はだれでも「獲ったどぉぉぉぉ」になるんだなと。

 

スターウォーズの制作スタッフも、

黄金伝説の製作スタッフも、

「生き抜く」という根源的な問題の前には

「獲ったどぉぉぉぉ」を表現することになるんだなと。

 

へんなところで感心したミドリーであった。

 

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ショスタコ5番第4楽章】全部聞いてみたらスターウォーズに(が)似ていてびっくり!【スターウォーズ】

突然ですが音楽については節操がございません。何でも聞きます。

しかし、この数年。

心から癒されたいと思ったとき、あてくしはバッハを聴きます。

おすすめは『G線上のアリア』です。これマジ落ち着く。

 

そんなミドリーですが、ここ数カ月「戦闘態勢」の必要があり・・・。

癒しはいらん!

アドレナリンをくれ!

ってことで、

ショスタコーヴィチの「革命」を聴いてみました。

スターウォーズの帝国軍のマーチ(インペリアル・マーチ)でもいいなって思ったんですけど、

ビッグバンセオリーのエピソードを思い出したからです。

*これはまたおいおい。

 

下にyoutubeを埋め込みましたので、興味ある方はぜひ!

ショスタコ スターウォーズ〉って検索したらいろいろ出てくるから

同じ感想の方が多くいらっしゃるようです!

知らなかった!

 

さて「革命」について

今までミドリーは、最初の20秒ぐらいしか聞いたことなかったのです。

最初の20秒はきっと誰もがどこかで聞いたことがあるはずです。

 

それが今回、第4楽章約10分を聞いてびっくり!!

ショスタコったら!

ショスタコーヴィチったら!

 

この人、宇宙行ってる!!

この人、宇宙戦争してる!!

って思いました。

 

f:id:caocao323:20171212180925j:plain

眼鏡くん!イケてるやん!

 

まあ、現実はショスタコがいて、ジョンウィリアムズがいるわけで。

「革命」があって「スターウォーズ」の音楽があるわけですけど。

 

ああ、やっぱり、聞いてほしい。

スターウォーズファンには特に聞いてほしい。

 

冒頭からアドレナリン一気にドバドバなんですけど、

2:44ぐらいから、EP4の「NEW HOPE」って感じで、

そのまま「レイア姫のテーマ」になって、

アナキンとアミダラの愛のテーマも重なって、

なんならルークも修行してまっせって・・・

スターウォーズの思い出が細切れで浮かび上がってくる。

壮大なスペースシンフォニーなわけです。

 

そして、

7:09あたりから、暗黒面が立ち込めてからの

ダースベイダーが登場してアドレナリン再度ドバドバになって

9:07あたりから暗黒面の霧が晴れて

EP4のエンディングテーマより控え目な感じで気持ちよく終わる。

 

聞き終わったころには、「よっ!5時から男!」って感じですね。(バブル!)

 

疲れすぎているときはバッハをおすすめしますが、

あともうひと踏ん張りいけそうな時には、ぜひ、おすすめします。

 

 

youtu.be

【STAR WARS EP7】エピソード8『最後のジェダイ』公開前に復習。エピソード7『フォースの覚醒』は『チューイの覚醒』にタイトル変えよう (ネタばれ)

なんか違う。

☆2015年12月21日*2年前に書いて放置していた感想を復習がてらお蔵出し。

 

f:id:caocao323:20171210193029j:plain

 STAR WARS公式ツイッターより。

 

予告編から嫌な予感はしていましたが、想像以上でした(涙)。

 

違う、違う、そうじゃ、そうじゃない感。

 

R2が一番かわいくて、チューイが一番男前でした(笑)。

 

タイトルは『チューイの覚醒』に変更!変更!

 

もう、脈略なく勝手に吐き出すしかない。このモヤモヤを。

 

さかのぼること何十年前? EP4は本当に心わくわくムービーだった。

ルーク(マーク・ハミル175cm)は金髪碧眼の王子様で、ハンソロ(ハリソン・フォード185cm)は悪ぶったイケメンの頼りになる兄貴で、

「いやん!どっちも選べない!」って、今でいう萌え萌えになった。

(やったことないけど、恋愛シミュレーションゲームにはまる女子も同じ気持ちと思われる)。

 

ところが、EP5に登場したルークのファーストショットを観て、

「そのワクワク心はもう持てないんだ、私も大人の階段上がったんだ」って覚悟して、

「I LOVE YOU」「I KNOW」でハンソロ一択になり

すっきりはしたものの楽しみ半減。

でも、「フォースって素晴らしい!」ってことで納得させてました。

そんな大人の観方でEP6も乗り越えました。ええ、そうです。

 

でもね、EP3のアナキン(ヘイデン・クリステンセン183cm)でね、また萌え萌えに火がつきました。

フォースがらみの人間模様のドロドロに男前が投入されたら、どんなことになるか。

 

・・・・・・楽しいに決まってるじゃないですか!!!

 

ええ、そうです。楽しかったですよ。

アナキンの手足が業火に焼かれる時なんて、もう、悶絶。

 

「うう、アナキン、わかる!わかるわ!!あなたの怒り。」

 

オビワン(ユアン・マクレガー177cm)に対しては絶対逆恨みで、

憎むべきはパルパティーン(イアン・マクダーミド身長不明73歳)じゃね。

そっちに仕えていいの?と思いつつ。

 

「ま、アナキンが決めたことだから、いっか!」と素直(?)に思えたもの。

 

だのに、なぜ。ここにきて。。。。

 

銀河系でほぼ都市伝説化しているフォースが

細々と脈々と受け継がれていることがわかるEP7なのに、

「もう、受け継がれなくてもよくね?」と思わせるこのがっくり感はなに?

 

あの銀河系一のミレニアムファルコンを乗り回すハンソロが。。。

あんな息子の猿芝居にまんまとひっかかる。

洗脳された息子のカイロ・レン(アダム・ドライバー189cm)を取り返すのがそんなに簡単なわけないよ。

 

ハンソロは「積み木くずし」観るべき。

 

思い返すも、EP1~6まではアナキン=ダースベイダー(203cm:中の人196cm)の物語なんだよね。

洗脳されるまでも、洗脳溶けるまでも、本当に丁寧に描いてたんだなと。

そんなことEP3を見るまでは思いもしなかったけど。

だから、スターウォーズはすごいんだけど。

 

だけど、ハンソロの最後があんなんじゃね。がっくりすぎた。

そら、チューバッカ(230cm:中の人220cmどんだけ!)も怒るよね。

チューイ。頼りになるやつとは思っていたけど。

何年経っても、見た目も衰えてないし。ま、衰えようがないし。一番男前だったよ。

 

 主人公の女の子レイ(レイジー・リドリー170cm)はルークの子かな?

わかんないけど。

アナキンのお母さんによく似てるよねー。そういうところは芸が細かくてうれしい。

 

レイの環境がEP4のルークにすごく似ているから、ルークの子だとは思うけど、

ルークって、本当にメンドクサイ奴だと、私は思うから。

よくルークと結婚したな

誰がルークと結婚したのかなーって。いや、結婚できないんだよね、ジェダイ

ってことは、アバンチュール?(死語)

 

で、従妹なのかわかんないけど、ハンソロとレイア(キャリー・フィッシャー155cm)の息子であるレンと戦いました。

まあ、レンもレイをいずれは帝国軍へ引き込めるとか思ってたんでしょうよ。

女の子相手だし、殺さない程度にチカラ半分で戦うよね。

で、レイはまんまと逃げおおせて、ルークがいる惑星へと向かう。

 

で、崖、登場。

火曜サスペンスですか!ってびっくりしたわ!

安すぎるー。

本当の場所はすごくドラマチックなそうですが、そう思えないのはなぜだろう。

 

違う、違う、そうじゃない.と心で叫ぶ。

 

そうなのです。すべてが安すぎる。

ストームトルーパーがいっぱい出てきて、レジスタンス軍と戦うときも、

「自然光」・・・・。

自然光なら、生々しさがでるかっていうと全然そうではなく。

あれは、なんと表現したらいいんだろう。映画じゃない。

「テレビでよくね?」って。

 

若者言葉、便利だわ。ミドリーのがっかり感をよく表せるわ。

 

本当はもう一度見直したいのはやまやまなんだけど、

観に行くモチベーションがあがらないから、深く読めないのがもどかしい。

 

また、観たら追記することにします。

 

(追記)

もう一度観たら最初よりはよかったけれど、取り立てて書くほどには至らず。ぺこり。

 

 

 

 

 

 

 

 

【グッドワイフ】今大切なのは形からキチッとすること。ラクにはなれないけど、強くなれるわ。【アリシアの言葉】

f:id:caocao323:20171111154142j:plain

© 2014 CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved

グッドワイフは2009年から2016年までアメリカCBSで放送された法律・政治ドラマ。

今年スピンオフが放映されたようなので、人気なんですねー。

 

ミドリーはやっといま第一シーズンを見始めたところです。

いきなり「おおっ!」と思ったフレーズがあるので書き留めます。

 

【あらすじ】

アリシア・フロリック(ジュリアナ・マルグリーズ 168cm)はロースクルーを主席で卒業、2年間弁護士として活躍するが、州検事である夫ピーター・フロリック(クリス・ノース 185cm)のサポートと子育てのため専業主婦に。しかし、収賄と女性スキャンダルで逮捕された夫に変わり家庭を養うため、13年ぶりに弁護士として復帰。

 

1話で1案件をこなしながら、

夫の浮気のトラウマをかかえーの、

収賄疑惑に翻弄されーの、家事もしーので大活躍。

 

【今日のピカイチ☆フレーズ】

 

シリーズ1・EP1より。

出社初日。アリシアは元夫殺害の容疑にかけられた若い女性教師の弁護を引き継ぐことに。アリシアは被疑者から指名されたことを知り、「どうして私に?」と聞く。

被疑者は「疑いをかけられる辛さを、あなたならわかってくれると思って」と。

夫のスキャンダルに巻き込まれて、世間のキツい風にあてられているアリシアなら自分の味方になってくれると思っていたのね。

被疑者には5歳ぐらいの女の子がいるんだけど、元夫の両親が親権を握っているため面会もままならない。

被疑者は裁判の日まで保釈されることが決まった直後でも、裁判の行方よりも、娘に会えない辛さで凹んでいるわけですよ。

娘に会わせてもらえない、ぐすん、ぐすん、の被疑者に対してアリシアは一言。

 

アリシア:今はやれることを、やりましょう。

     家を借りているから、そこに行ってまずシャワーを浴びて。

     おしゃれをして、メイクをするの。無理にでもね。

     裁判のためでもなく、あなたのために。

被疑者 :ぐすん、ぐすん

アリシア今大切なのは形からキチッとすること。

被疑者 :それでラクになれる?

アリシアいいえ。でも、強くなれるわ。

 

ミドリー:惚れた。

 

なにが素晴らしいって、

「ラクになれる?」と聞かれて、「いいえ」と答えるところ。

この一言で、うそのつけない主人公の性質がわかりますね。

そして、これ、真理ですよね。

「ラクにはなれないけど、強くなれる」

口角をあげていれば、気持ちまで明るくなるみたいな。

辛いときこそ、形から入る。

さらに、考えてもどうしようもないことに囚われないことの大切さ。

「今はやれることをやる」。

結局、そうするしかなかったと、後でわかるんだけど、

実際そうするのはむずかしいよねぇ。

でも、嵐に巻き込まれたアリシアは、その術を身につけざるをえなかったことがわかる。

 

この短いやりとりで、

今後ドラマで描かれるアリシア像がはっきり示された気がしました。

 

【その他見所】

アリシア役のジュリアナ・マルグリーズはERのキャロル、

ピーター役のクリス・ノースはセックス・アンド・ザ・シティのビッグとなれば

それだけでうれしいのに、日本語吹き替えも同じ。

野沢由香里さん、中田讓治さん、なぜにこんなにイメージぴったりなんだろう!

●ジュリアナ・マルグリーズはER当時から男前女子でしたが、ER終了から9年。

当然口元のシワも増えているのに、なんとまあエロかっこいいこと!