ミドリーの備忘録

忘れてしまうのはもったいないなってことを書いておきます☆

【藤井四段】なぜ、老若男女の心を掴んで離さないのか?藤井聡太四段の魅力について考えてみた。

f:id:caocao323:20170713191638p:plain

 

藤井四段が老若男女を問わず人気なのは承知しておりますが、

自分がおばちゃんなので、まずは「おばちゃん目線」で考えましょう。

 

まあ、何といっても・・・・

①頭がいい。

 →「頭が悪かったから東大に行った」という言葉が定番の将棋の世界ですから!

  そこそこ頭がいいよりも、わかりやすい頭の良さが嬉しい。

  14歳とは思えない話ができるのも、豊富な語彙力、構成力のなせる業。

 

②正座ができる。

 →将棋の対局では当たり前ですが、日常生活では珍しい!

  お茶を飲んでも、チョコを食べても、所作が美しい!

 

③お辞儀が丁寧。

 →お辞儀の時間いつも長目。14歳の青年の正座&お辞儀風景なんて日常生活では珍しい!

 

f:id:caocao323:20170713190106p:plain

加古川清流選の投了風景。(アベマTV視聴中のスクショ)

勝った藤井四段の方がお辞儀しているのは、

先に「参りました」と言った都成龍馬四段のお辞儀を受けているから。

都成四段がイケメンなのでサービスに載せました。

 

④幼少期のプクプク感が可愛い

 →幼少期ってみんな可愛いけれど、

  いま14歳のすっきり長身な姿を見てからのギャップに胸がキュンキュン!

 

 

f:id:caocao323:20170713190800p:plain

しかもこんなちびっこいのに、

プレートをみると「なんとかトーナメント戦」って!!

神童ぶりにまたキュンキュン。

 

 

⑤たれ目の天然パーマ

→羽生三冠の寝ぐせに通じる母性本能くすぐりアイテム。天然パーマ。

 相手に安心感を与えるたれ目も揃って・・・無敵!

 

f:id:caocao323:20170713190935p:plain

 

上に5つのポイントを並べてみましたが、

書き進めるにつれて、ひとつの結論に行きつきました。

 

藤井聡太四段の魅力。

それは、ずばり!

 

法事の席に出しても

自慢のできる安心感!

 

  

f:id:caocao323:20170713191638p:plain

 

そう結論づけてこの写真をもう一度みると、

自分の考えに間違いはない!と自信が持てました!(笑)

 

この写真って、まさに・・・

法事の席で親戚のおじちゃんたちに囲まれた

聡太くんの図じゃないですか!

 

親戚のおじちゃんに、会席の場で

「最近、勉強頑張ってるそうじゃないか!」と聞かれて、

座布団の上で正座を崩さず、上品に食事をいただきながら、

「そーですねぇ。

 僕の実力から考えると僥倖です」

って、ちょっと照れながら答える聡太少年。

 

「なんだ!お前は、また難しい言葉で返してきたな。はははっ」

「そーですねぇ。ポリポリ」

 

その様子を目を細めて見つめる伯母=私。うれしい。

 

これって・・・・

若いお嬢さんだったら、いまの聡太君にプラス10歳して

「法事の席に連れて行った婚約者」

お父さんだったら、

「法事の席に連れて行った息子。もしくは娘の婿」

おばあちゃん、おじいちゃん世代の方だったら

「法事の席に連れて行った孫」

 

 

っん、もぉ~!!

老若男女、どの立場に立っても、

法事の席で自慢できるじゃない!

 

妄想列車、爆走中!

 

唯一、同世代の男の子は、

ちょっとヤキモチ妬いちゃうかもだけど。

でも、聡太くんの邪気のなさそうな様子をみていたら

「聡太、ほんっと、いい奴だよな!」って言いそう。

 

あ~楽しい!

以上で妄想劇場終わります。

かしこ。

 

●写真の出典元サイトはこちらです。

【将棋】14歳プロ棋士・藤井四段はこうして生まれた! 天才の育て方、専門家「親の接し方こそが重要になる」(2) - 産経ニュース

 

14歳藤井四段が23連勝 単独3位、羽生王座抜く :日本経済新聞

 

将棋・最年少プロ藤井四段、デビュー戦で大器の片りん|エンタメ!|NIKKEI STYLE

【映画☆ワンダーウーマン】ジェンキンス監督が『ワンダーウーマン』を引き受けた理由がかっこいい!

 

f:id:caocao323:20170710180257j:plain

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 

いま、アメリカでは『ワンダーウーマン』が社会現象になっているそうです!

 

映画を観た後で「制服をやめてワンダーウーマンの衣装を着たい!」

と訴える少女もいるとかなんとか。

わかります!

日本でもハロウィーンではワンダーウーマンが大量発生の予感。

 

この映画は監督がパティ・ジェンキンスという女性であえることも話題のようです。

監督を引き受けた理由が、いかしているのでメモ。

 

ジェンキンス監督のもとには、『ワンダーウーマン』以前にも映画化の話が数々寄せられていたようですが、どれも監督のヴィジョンにあわずスルーしていたようです。

 

その監督が『ワンダーウーマン』を引き受けたのは、

 

主人公が何も失わないことに

とてつもなくに魅かれたから。

彼女の望むすべてを体現したキャラクターにしたいと思いました。

美しく思いやりがあり、愛情あふれる一方で

大胆不敵かつストロングという驚くべきキャラクターです。

 

原文

"I felt super passionate about her not losing anything," said Jenkins. "I wanted her to be everything she wanted to be... beautiful, kind, loving, but also badass, strong and amazing."

 

 

この言葉の選び方は深いなぁと思います。

 

 

「すべて持ってる」から

 ではなく、

「何も失わない」から。

 

圧倒的男性優位のハリウッドに身を置く

女性監督ならではの言葉の選び方かもしれませんが、

 

この言葉は、男女・性別・年齢関係なく、

ふと人生を立ちどまって考える時に

思い出したいかもかも!

 

日本公開は8月25日。

楽しみで~す。

 

おしまい。

 

ジェンキンス監督のコメントはこちらの記事を参考にしました。

 

●原文はこちらです。

'Wonder Woman' Director Patty Jenkins On Her Superhuman Box Office Triumph

 

ワンダーウーマンのヒットは社会現象になっているようです!

 

*2017.7.8時点での興行収入は800億円超え

 

ヒラリー・クリントンも『ワンダーウーマンを絶賛!』の記事はこちら


 

【藤井四段】初黒星後、仕切り直しの対局は、中田七段との順位戦。【通算30勝!】

f:id:caocao323:20170706171200p:plain

巷は、松井一代さんの話題でもちきりですが、

藤井四段の順位戦が粛々と行われておりますので、

にわか藤井ファンの私が、のちの思い出に(棋譜以外の情報)を記録します。

 

上記の写真はabemaTVをスクショしました。

初黒星後、初手を指したところ。

ぱちり。

みるだけで、汗ばむわ~。

 

報道陣の数は5~6社の印象でした。

前回までの盛り上がりはなんだったんだ!と。

ま、これが人の世って感じですね。

(下記の3枚、ツイッターから拾いました)

 

f:id:caocao323:20170706173623j:plain

これ、増田四段も平常心でいるの難しいわー。

 

 

f:id:caocao323:20170706173732j:plain

佐々木五段との感想戦

泣きたくても泣けないわー。

 

 

f:id:caocao323:20170706174135j:plain

藤井四段の出前にまでこのカメラ!

「みろく庵」の方、一世一代の大舞台。

 

ひとり「アルマゲドン」かと思ったわ。

 ドウォナ クローズ マイ ア~イズ♪

 

f:id:caocao323:20170706174840j:plain

 

さて、私から伝えられる新情報としては・・・

リュックが変わっていましたよ。

 

スポニチさんの写真をみると、

フランスのアウトドア用品ブランド

「ミレー」のようです。

 

 

f:id:caocao323:20170706172427p:plain

 

以前のリュックは

イギリスのアウトドア用品ブランド

「カリマー」。

 


「再販の予定なし」というのが、なんとも賢明でしたね。

イギリスブランドの矜持を感じました。

 

ほかには・・・・

お昼は「カレーうどん」。

夕食は長考の末、「親子丼」でした。

 

f:id:caocao323:20170706181910p:plain

 

相変わらず、美しい指です!

支払いの時に、マジックテープの音は聞こえず。

ファスナーの小銭入れから支払いを終えたようです。

 

abemaTVのコメント欄では

振飛車にはなんとかが基本」

「角をとられても、なんとかかんとか」という

将棋をわかっている方のコメントに混じって、

 

「何をしても可愛い」

「かわいい」「藤井きゅん」

という私レベルのコメントがいくつも書き込まれていました。

 

 わかります。

 

藤井キュンの佇まいからは、

母性本能をくすぐる

フェロモンがでていますから。

 

多くの女性を「親戚のおばちゃん化」してしまう

卓球の愛ちゃん、フィギュアの真央ちゃんに続く

国民的レベルの久々の逸材ですから!

 

【現状のご報告】

対局は、夕食を終えて、藤井四段(先手)の持ち時間は約2時間、

中田七段(後手)の持ち時間は約3時間。

後手優位(4:6)で進んでいるようです。

 

がんばれ、藤井四段。(中田七段もおつかれさまです)

かしこ。

 

【さらに追記】

通算30勝となりました。

これからは連勝を気にせずに、さらに伸び伸びと楽しんでくださーい。

(と、呑気に言ってみる)

 

藤井聡太四段の魅力について考えてみました。

midory.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

【藤井四段】佐々木五段との感想戦の様子に母性本能をくすぐられることになろうとは!?【竜王戦】

訳がわからないのに将棋を観て何がいいって。

対局終了後の「感想戦」の様子です。

厳しいという言葉も緩いほど

壮絶な勝負の世界の根本には

「とにかく好き」という気持ちがあるのがわかる。

 

今日の藤井四段と佐々木五段の対局でも、

終盤戦の解説で二人の棋士(解説者)が

「いや~これはドキドキしますね」と言いながら、

めちゃ嬉しそうに大盤を動かしていました。

可愛い☆


さて、30連勝をかけての藤井四段の今日の敗北は

生涯忘れ得ぬ悔しさであることは当然で。

天才と言われる影の努力…などと書くのも申し訳ないほとで。

連勝はいつかは終わるものと頭ではわかっていても、

幼い頃から負けじ魂も人一倍…とくればもう…計り知れない悔しさ…

 

その彼が、投了後すぐ感想戦で相手棋士と確認せずにいられない。

感想戦はするものとは存じておりますが)

負けてなお、負けたからこそ、分析したい。(と、思う)

もって行き場のない(と、私なんかは思う)

敗北の気持ちを凌駕する

知りたいという気持ち。

将棋=好き=人生だからこそ。

 

途中で入ったインタビューでは淡々と語り、

インタビュー終えたら瞬時にふたりでまた感想戦


親に隠れて仲良しとコソコソ好きな事して遊ぶみたいな……。

「あ~本当に心の底から将棋が好きなのね。

気のすむまでずっと向き合わせてあげたい」と。

自分にはないと思っていた母性本能が刺激されまくり。

 

比べるのもおこがましいですが、この様子を見ていると、

ももっともっと「好き」を中心に据えて

毎日を過ごしていきたいと思いました。

 

おしまい。


f:id:caocao323:20170702223650j:image

感想戦。楽しそう。

 


f:id:caocao323:20170702223725j:image

インタビュー。この落ち着き。

生まれてからまだ14年しかたっていないなんて…。

 

 

 

【藤井聡太四段】身長がどのくらいか、写真から想定してみました。

歴史的快挙28連勝を決めた藤井聡太四段。

中学2年生にしては、身長高くない?

藤井聡太 身長」で検索しても具体的な数字がでてきませんので、

写真から想像してみました。

 

f:id:caocao323:20170621180131j:plain

ネットから拾ってきた写真です。

 

右が藤井猛九段。

公称168センチとのことですから、

藤井四段もその前後で・・・。

165~168センチと想定できます。

めちゃ適当な想定です!

 

さらに育ち盛りですからね。

連勝記録を伸ばす間に、170センチ超えるかもしれませんね。にっこり。

 

と、最後まで適当ですみません。 

公式発表があったら、即座に訂正します!

 

●こちら・・・藤井聡太四段の魅力について妄想力を働かせてみました。

midory.hatenablog.com